嬉しい知らせ

投稿日: カテゴリー: カズノブログ, 未分類

1年という一区切りの日、1年前に何かの縁で出会ったK君(ブログでも載せさせてもらいました)。K君のお手伝いってほどでもないんですけど、お父さんの安否確認で一緒に東松島市を何度か訪れ、二人で沢山色んな事を話し僕自身も沢山の事をK君から学びました。今日、K君から電話があり、昨日、お父さん見つかりました!って連絡でした。良かったホントに良かった・・・ K君いわく、親父は亡くなってもやってくれますよって、ちょうど3月11日って・・・ なんかあるんかな〜なんて話してました(^_^) 見つかった場所は僕らも探してた場所らしく、歩いてたおばさんが見つけたらしいです。
1年経ってもこうやって見つかるということは、言い方間違っていたらすみません。希望がみえるっていうか、K君自身もご家族の方々もやっと前に進める(こんな簡単なことではないですが)ことができる、そしてこの知らせは、まだご遺体が見つかっていない方々にも諦めないでって知らせではないでしょうか。

まだまだ、沢山の方々のご遺体が見つからず、捜索に徹している自衛隊、警察、消防団員の方々に心から頭が下がる思いです。

一つ思うのですが、国会議員の先生方々、研修という形でいくつかのグループに分かれて被災地に足を運んで頂くってことできませんかね。(最低でも1週間くらい!)

無理せず出来ること続けていきたいと、そして人と人の大切な縁と絆を繋げていきたいなと思います。明るい未来へ・・・

K君、今日はゆっくり休んで下さい。

嬉しい知らせ」への2件のフィードバック

  1. Kさん良かったですね!!お父様もやっと御家族と一緒に居られるんですね。 日本は某国みたいに埋めちゃったり見捨てる事なく、今も探し続けてくれるので素晴らしいと思います。 後は、少路さんのおっしゃる通り、日本の“代表”と言う方々が少しは長く現場に滞在し、本当に被災者の立場になって現実を見つめ、考えて欲しいですね。。

  2. なによりうれしいお知らせですね!

    私はKさんとはお会いしたことはありませんが、ワガコトの様に嬉しく、読みながら涙してしまいました。。。
    想いが通じどんなかたちでもまた、家族が再会できて本当にヨカッタ!

    どうしても家を離れる事が出来ない事情で現地いりは未だかなわず、ですが、ご縁で関西から現地と行き来し支援されている方と出会い、その方に微力ながら寄り添わせて頂く一年でした。
    あまりにも悲しく辛い出来事でしたが、私達は大切な物に気づき優しくて強くなれた、失ったものと同じくらい得たものもあるのでです〜
    そう思えるのも、ここで報道にはない真実をずっと伝え続け、ずっとささえになってくれていた、アナタがいてくれたからこそ。
    そんなアナタにありがとうm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です